私たちのコンセプト

香川県には現在、約1,200名の不登校の子どもたちがいます。
まだまだ社会的認識が低く、「学校に行かないこと」を選択した子どもたちは、自己否定に陥り、自由に外出することもできず、家に居ても、家族の理解を得ることも難しい日々に、苦しんでいます。
私たちは学校に行く、行かないに関わらず、すべての子どもたちがのびのびと成長していける社会作りを目指し、1999年2月に四国ブロックフリースクール研究会を立ち上げ、2001年1月に特定非営利法人としての認証を受けました。
特定非営利法人四国ブロックフリースクール研究会は「フリースクール」に関するサポート事業を行いつつ、「子どもの健全育成」に寄与し、活動の場を広げながら子ども達が体験から学び、成長できる環境づくりを目的にしています。
2007年度からは、より地域に根ざした活動の幅を広げる為に、理事の増員を含め新体制に移行いたしました。新体制移行と同時に、理事一同が一層連携を深めることで子ども達が、自分の力で生きることが出来るよう力を合わせてまいります。
私たちの活動をご理解いただける多くの方々と、ご一緒に活動を創り上げていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

代表理事からのあいさつ

四国ブロックフリースクール研究会は1999年サドベリーバレースクール(アメリカ)の 創設者ダニエル・グリーンバーグ氏来日講演開催を機に情報発信・ 収集の必要性を感じ立ち上げました。
学校外の居場所で子どもたちが安心して豊かに成長できるよう地域の人々とのつながりを大切に活動していきたいと2001年NPO法人の認証を受け、幅広い事業展開を始めました。
フリースクールで子どもが遊び、学び、成長しながら元気に自己実現しつつ 、社会へと自立する生き方を支援するためグローバルな視点にたち、多様な選択肢を子どもや若者に提供できる環境作りを目的としています。

役員一覧(敬称略、50音順)

代表理事

川村 圭  (社会福祉士)

理事

植田 敬三 (会社員)

木村 清美 (フリースクール「ヒューマン・ハーバー」主宰)

中井 雅治 (会社員)

森下 大輔 (フリースクール「ヒューマン・ハーバー」スタッフ)

監事

森下 葉子 (四国ブロックフリースクール研究会会員)

  • 会員募集中
  • ヒューマンハーバー
  • あしたさぬき
  • フェイスブック
  • 人形劇団左団扇