助成事業・講演会 他

2013/03/10

鈴木絵美子講演会を開催しました!

日時:2013年3月10日(日) 13:50~16:00 (開場13:10)
会場:香川県社会福祉総合センター 7階第一中会議室(高松市番町1-10-35)

今回の講師鈴木絵美子コーチは、シンクロナイズドスイミング2004年アテネオリンピックで
銀メダル(チーム)、2008年北京オリンピックで銅メダル(デュエット)を獲得されました。
シンクロとの出会い、数々の挫折と喜びを経験し、オリンピックを目標に夢を持ち続けた選手時代に
ついて穏やかな口調で話して下さいました。
夢に向かって努力する事の大切さとプレッシャーに負けそうになったこと、監督やオリンピック村の
裏話など、オリンピックでメダルを獲得するまでの実体験を、映像も見ながらお聞きすることが
できました。 銀と銅メダルの大きさの違いを教えて貰い、実際に触れさせて頂きました。
質疑応答の時間にはたくさんの質問が出て、ご参加のみなさまは十分満足されたご様子でした。
ご参加下さったみなさま本当にありがとうございました。

<参加者アンケートより一部抜粋>
・優しく、楽しい、愛あふれるお話でした。
・オリンピックのメダルを手に取ることができ感動しました。
・シンクロナイズドスイミングとの出会いや恩師金子先生との出会い(金子先生が最初から
   鈴木選手の素質を見抜いていたこと)など幸運に恵まれ、オリンピックに出られたことが
   よくわかりました。
・丁寧にお話をしてくださって本当にわかりやすく、聞いていて楽しかったです。 さすがオリンピックに
   出られた選手だけあって、とてもストイックで改めて「凄いなぁ」と感じました。
・軽くお話されていたがもの凄い努力をされていて、何でも努力が大切だと思いました。
・演題に「夢に向かって前向きに生きる」とありましたが、前向きな話だけでなく、辛い話も
   聞けて良かったです。嫌なことは心の中で消化するなど、気持ちの持ち方がとても参考になりました。
・オリンピックのメダルを獲るまでのチームの状況等の話が心に残りました。
・今話題のスポーツ界の体罰問題等のお話もあり、参考になりました。
・オリンピックに出る前に金子先生に褒められ、自信が持てた話が印象残りました。
・目的を持って根気よく地道に歩む事、あきらめないで続ける事は難しいけれど、やはり大事だと思いました。
・子どもたちへの「下手でも続けるカッコよさを身につけてほしい」というメッセージが印象的でした。
・若い親御さんたちに聞いて頂きたいお話でした。小・中学校でも講演してほしいです。


長年ヒューマン・ハーバーをご支援下さって、全ての講演会にご参加くださっている方が、
お帰りの際、「今までで一番楽しかったです!!」とお声を掛けて下さいました。
とても多くの方にアンケートご協力いただきました。ありがとうございました。

最近のエントリー

カテゴリー

年別アーカイブ

  • 会員募集中
  • ヒューマンハーバー
  • あしたさぬき
  • フェイスブック
  • 人形劇団左団扇