講演会 アーカイブ

2017/02/14

新しい教育のあり方を考えるつどい2017 長谷川博一先生講演会

長谷川博一先生講演会

新しい教育のあり方を考えるつどい2017
長谷川博一先生講演会
『子どもの個性としつけ・教育』

2017年3月12日(日)午後2:00~4:30  (1:30受付開始)←受付開始時間を変更しました。
香川県社会福祉総合センター1階コミュニティホール(高松市番町1-10-35)

長谷川博一先生はこころぎふ臨床心理センター代表理事、
臨床心理士で、ひきこもりや不登校、非行、発達障がいなどの
支援・心理療法に携われ、子育てに悩む母親たちの支援も
行っていらっしゃいます。
カウンセラーとして、女優の東ちづるさんや、
作家の柳美里さんのカウンセリングをされたことは有名です。
2015年に開催した長谷川先生の講演会が好評で
「是非もう一度高松に呼んでほしい」とのアンケート結果をふまえ、
今回はお話と歌を交えた講演会で先生をお招きすることになりました!
二度とない機会です。みなさまのご参加をお待ちしています!

●プログラム●
午後 2:00~4:00 講演 ▶ 午後4:00~4:30 意見交換 ▶ 午後4:30 終了
●参加費●
大人:前売1,000円(1,500円)高・大学生:前売900円(1,100円)小・中学生:前売800円(1,000円)※( )内当日
(託児の用意はございませんので、乳幼児を連れてのご参加はご遠慮ください) 定員:260名(先着順)

●前売は郵便振替をご利用ください●
振替口座番号:01690-1-56323  振替口座名:四国ブロックフリースクール研究会
最終振込日3月3日以降は電話で確認後、お振込をお願いします。(℡:090-7623-6496)
※振込票兼受領証が当日の参加券となりますので、必ずご持参ください。

●お問い合わせ先●
特定非営利活動法人四国ブロックフリースクール研究会 電話:090-7623-6496
〒761-8064香川県高松市上之町3-3-7 http://www.furiken.jp/

共催:フリースクール「ヒューマン・ハーバー」

2015/04/12

長谷川博一講演会大盛況でした!

日時:3月8日(日) 13:50 ~ 16:00 (開場 13:10)

会場:香川県社会福祉総合センター7階第一中会議室

"親と子の気持ちで結ぶ 魔法のしつけ"をテーマに、未成年の犯罪心理(心理鑑定)、

子ども虐待、いじめ、自殺など、「親子の問題」について専門家である長谷川先生から、

貴重なお話を伺いました。子育てや教育に関し孤立する母親の苦悩を共有し、

周りがどのように支援をしたらいいかなど実践的な内容でした。

幅広い世代の方々にご参加頂き、「最高に充実した講演会」とのお声がありました。

ご参加下さったみなさま、本当にありがとうございました。

≪参加者アンケートより一部抜粋≫

・全体を通して最高でした。全て納得できる内容でした。ありがとうございました。

・子どものしつけ、教育とは何か、自分自身に対する許しや、認めてあげることが大切!というお話が印象に残り、成る程・・と感じました。

・子どもに対しては応答的で、配慮的関係が大事だという話が印象に残りました。

・子育て中の母親にはとても参考になるお話でした。ありがとうございました。

・短い時間の中で多くの話があり、初めて聞くこともあり、内容の濃い講演会でした。

・「子どものありのままを受け止めることの大切さ」を、改めて感じました。

・子育ては焦らないで、まずは自分を好きになる事が大切とのお話が印象的でした。

・また長谷川先生にお逢いして歌も聴きたいです。色々考えさせられました。

・実際に起こった事例を上げて説明されたのが良かったです。

・子どもを育てる時は必死で失敗も多かったと反省しています。

今日の講演をもっと早く聞いていれば、子育てをもっと気楽に楽しめたと思いました。

・虐待の話はもっとじっくりとお伺いしたい内容でした。今後、長谷川先生の本を読んで

 勉強をしていきたいです。近くに起きる可能性のある虐待。辛いですね。

・物理的ではなく、自分以外の心に寄り添う事の難しさ。講演を聞いて何を努力すればいいのか・・、

又はひと休みしていいのか・・をじっくり考えようと思いました。

・とてもいいお話をありがとうございました。次回は長谷川先生の歌をお聴きできるのを楽しみにしています。

是非もう一度、貴団体で先生を高松に呼んでください。

『多くの方にアンケートにご協力いただき、ありがとうございました。』

2014/03/15

鈴木絵美子講演会を開催しました!

2014年3月8日(土)午後1:50~4:00 (1:10受付開始)

香川県社会福祉総合センター 7F第一中会議室(高松市番町1-10-35)

今回は"試練を乗り越え夢を叶える"をテーマに、2020年東京オリンピックに向けて、アスリートの本音や 裏話など興味深い内容になりました。

輝かしい東京オリンピック開催への想いを共有できました。

数々の挫折と喜びを経験し、オリンピックを目標に夢に向かって努力する事の大切さとプレッシャーに負けそうになったこと、オリンピックでメダルを獲得するまでの実体験等、貴重なお話しをして頂きました。

幅広い世代の方々に聞いていただき、とても有意義な時間になりました。

ご参加下さったみなさま本当にありがとうございました。

2013/09/21

寺脇研講演会を開催しました!

日時:9月21日(土) 午後1:50 ~ 4:00 (開場 1:10)   
会場:香川県社会福祉総合センター7階第一中会議室(高松市番町1-10-35)

「地域と学校」をテーマに今の教育はどのような方向に進んでいるのかを分かり易く話されました。
ゆとり教育が何の為に必要なのか、話に具体性があってよかったです。
ゆとり教育を受けた世代が今後の社会を担っていく、競争から共生へ転換の時期になっている話が
印象的でした。
親御さん・教育関係者と幅広い世代の方々に講演を聞いていただき、とても有意義な講演会となりました。
ご参加下さったみなさま本当にありがとうございました。

<参加者アンケートより一部抜粋>
・総合学習の大切さがよく分かりました。
・まず自分が社会との共生が大事であることを感じました。
・競争と共生の対比や近代史の中で20年というスパンで考える話が心に残りました。
・共生の世界を共通理解する場の大切さの話が印象に残りました。
・ゆとり教育の是非について関心があったので、寺脇氏の話を聞いてみたかったが、
 教育と地域のつながりや共生についての話が良かったです。
・いい学校とは自分が学びたい事が学べる所、フリースクールは学びの質が高いことがわかった。
・競争でなく共生という考え方に共感を持ちました。
・「ヒューマン・ハーバー」の取り組みと熱意が印象に残りました。
・競争の時代から共生の時代に変えていかなければならない、
   それが明るい未来の必須条件なのだと思います。
・寺脇先生の授業を是非受けてみたいです。 

多くの方にアンケートにご協力いただきました。ありがとうございました。
 

2013/03/10

鈴木絵美子講演会を開催しました!

日時:2013年3月10日(日) 13:50~16:00 (開場13:10)
会場:香川県社会福祉総合センター 7階第一中会議室(高松市番町1-10-35)

今回の講師鈴木絵美子コーチは、シンクロナイズドスイミング2004年アテネオリンピックで
銀メダル(チーム)、2008年北京オリンピックで銅メダル(デュエット)を獲得されました。
シンクロとの出会い、数々の挫折と喜びを経験し、オリンピックを目標に夢を持ち続けた選手時代に
ついて穏やかな口調で話して下さいました。
夢に向かって努力する事の大切さとプレッシャーに負けそうになったこと、監督やオリンピック村の
裏話など、オリンピックでメダルを獲得するまでの実体験を、映像も見ながらお聞きすることが
できました。 銀と銅メダルの大きさの違いを教えて貰い、実際に触れさせて頂きました。
質疑応答の時間にはたくさんの質問が出て、ご参加のみなさまは十分満足されたご様子でした。
ご参加下さったみなさま本当にありがとうございました。

<参加者アンケートより一部抜粋>
・優しく、楽しい、愛あふれるお話でした。
・オリンピックのメダルを手に取ることができ感動しました。
・シンクロナイズドスイミングとの出会いや恩師金子先生との出会い(金子先生が最初から
   鈴木選手の素質を見抜いていたこと)など幸運に恵まれ、オリンピックに出られたことが
   よくわかりました。
・丁寧にお話をしてくださって本当にわかりやすく、聞いていて楽しかったです。 さすがオリンピックに
   出られた選手だけあって、とてもストイックで改めて「凄いなぁ」と感じました。
・軽くお話されていたがもの凄い努力をされていて、何でも努力が大切だと思いました。
・演題に「夢に向かって前向きに生きる」とありましたが、前向きな話だけでなく、辛い話も
   聞けて良かったです。嫌なことは心の中で消化するなど、気持ちの持ち方がとても参考になりました。
・オリンピックのメダルを獲るまでのチームの状況等の話が心に残りました。
・今話題のスポーツ界の体罰問題等のお話もあり、参考になりました。
・オリンピックに出る前に金子先生に褒められ、自信が持てた話が印象残りました。
・目的を持って根気よく地道に歩む事、あきらめないで続ける事は難しいけれど、やはり大事だと思いました。
・子どもたちへの「下手でも続けるカッコよさを身につけてほしい」というメッセージが印象的でした。
・若い親御さんたちに聞いて頂きたいお話でした。小・中学校でも講演してほしいです。


長年ヒューマン・ハーバーをご支援下さって、全ての講演会にご参加くださっている方が、
お帰りの際、「今までで一番楽しかったです!!」とお声を掛けて下さいました。
とても多くの方にアンケートご協力いただきました。ありがとうございました。

最近のエントリー

カテゴリー

年別アーカイブ

  • 会員募集中
  • ヒューマンハーバー
  • あしたさぬき
  • フェイスブック
  • 人形劇団左団扇